呪術廻戦ネタバレ142話最新話確定速報!考察感想も!お兄ちゃんの背中

今日は2021年3月15日(月)発売の週刊少年ジャンプNo.15から

『呪術廻戦』の第142話 「お兄ちゃんの背中」の

ネタバレと感想・考察をまとめてみたいとおもいます!(*´▽`*)

 

この記事ではこれから、実際に読んでみた視点でストーリーやセリフのネタバレが公開されています!

 

もしネタバレでなく実際に絵付きで『呪術廻戦』を読みたい場合はU-NEXTで単行本を無料で読むことができます!

今すぐ最新巻を無料で読みたい場合はこちらからどうぞ!!

 

呪術廻戦の最新巻を今すぐ無料で読む

 

それでは文字と動画による最新話のネタバレでございます!

 

目次

呪術廻戦 第142話 「お兄ちゃんの背中」のネタバレ考察

 

前回141話のあらすじネタバレは、下記の記事&YouTube動画に考察感想とあわせてまとめていますのでまずはこちらから!

 

[box class=”box26″ title=”前回の話をチェック”]

[/box]

 

第142話のネタバレ考察をYouTube動画で見たい方はこちら

最新話第142話のあらすじ・感想

 

今日は

呪術廻戦本誌より142話「お兄ちゃんの背中」の
ネタバレを含む感想と考察を紹介いたします!

 

直哉が何だか不思議な感じでしたね

 

脹相を“人間”だと思っていたり

 

それなのに
加茂家の人間にしか出現しない“赤血操術”や
脹相の血液が“毒”だってのを知ってたり

 

それでいて
脹相オリジナルの技「超新星」は“知らなかった”

 

…この3つの点から見ても
直哉が持ってる情報が中途半端なのが
ちょっと気になりました

 

“誰か”から中途半端な情報を与えられた…とか?

 

誰か? なんだけど これは 内通者か裏梅
どちらかの可能性があります

 

偽夏油は脹相が呪いだと知ってるので除外です

 

内通者か裏梅だとしたら
裏梅がまったく脹相の血を警戒してなかった
って事から考えても

 

内通者も裏梅も 下手したら偽夏油も

 

“脹相の血液に毒性がある事を
渋谷事変まで知らなかった”

 

って可能性があります

 

そして内通者は

 

“加茂君と違って血液をドバドバ出せる
=脹相は呪い”

 

“「超新星」を知らなかった”

 

この2つから見ても

“虎杖VS脹相の戦いを見ていなかった”
って事実もプラスされます

 

じゃあ脹相の血に毒があるのは
何処で知ったのだろう? って考えたら

 

“内通者は 脹相の毒を受けた裏梅を見ていた”

 

或いは

 

“裏梅自身が 脹相の毒を 身をもって知った”

 

この2パターン考えられます

 

ここまでの情報で
直哉は 内通者 或いは 裏梅から

 

「脹相という術師の血液は毒だから気を付けろ」
って情報を流されたって考えられます

 

でも裏梅なら“脹相が人間じゃない”って事も
偽夏油から聞かされて知ってると思うので

 

…多分…知ってると…思う…

 

その情報も付け加えるハズです
でも“脹相は呪い”っていう情報は無かった…

 

直哉は脹相を
“加茂家相伝の術式を使う術師=人間”
だと思い込んでいた…

 

この事から
直哉に中途半端な情報が流れる原因となった
情報の元は“裏梅では無い”と言えます 多分

 

直哉に中途半端な情報を流した人物は誰か?

 

残る可能性は 内通者です

 

内通者は“少なくとも呪いが見える人物”で
だから 真人と同じように
外見だけは人間ソックリな脹相を見て
呪いが普通に見えているから
脹相が普通に人間に見えてしまった…

 

そして内通者をやるような人物が
虎杖VS脹相の戦いを見ていなかったのは何故?

 

考えられるのは
“自由に動ける身では無かった”
或いは
“そもそも渋谷に居なかった”
この2つです

 

この事から 内通者として考えられる可能性は

 

渋谷ラストバトルの途中から参戦した
「渋谷駅の外で2人以上のペアを組んで居た誰か」

 

或いは
「京都校の誰か」です

 

渋谷事変の最後の戦いで
その場に居た高専側のキャラクターは

 

虎杖 パンダ 加茂君 三輪 西宮 歌姫先生 日下部
この7人です

 

虎杖はバリバリ主人公だし
日下部はバリバリ保守派だしで
この2人は除外するとして

 

残り5人…パンダ 加茂君 三輪 西宮 歌姫先生…

 

パンダは 内通者有力候補の夜蛾学長の呪骸だし

 

加茂君は 僕が予想してる
内通者加茂家当主説の子供だし

 

この2人は“内通者の手伝いをしている”
その自覚がないままに情報を流してるって
可能性があります

 

そして 三輪 西宮 歌姫先生 この3人は
内通者をやる“理由”も 受け取る“報酬”も
まるでサッパリ想像出来ません

 

三輪の家は貧乏らしいけど
お金が欲しくて内通者をやる位なら

 

最初から呪詛師やってるわ!って感じだろうし
呪詛師の方がリスクは同じでも継続的に稼げるし

 

西宮と歌姫先生は もし内通者だとしたら

 

その理由は
術師業界における女性の地位向上の為

 

受け取る報酬は
女性の術師に高い地位を与える

 

…この程度の理由しか思いつきませんでした

 

なんか…こんな理由と報酬じゃ
少年漫画としては全然面白くないですよね

 

…とまぁ ここまで話しておいてアレだけど
芥見先生って悪魔みたいな方なので

 

今回の動画みたいに
読者が内通者を考察する事を予想して
140話から142話を描いてる可能性は大なので

 

念の為ですね

 

“偽夏油が脹相の情報を話してなくて
裏梅が脹相を人間だと思っていたバージョン”

 

も考察しておきます

 

渋谷でのラストバトルで
脹相の攻撃を受けた裏梅が

 

「速い! これが『穿血』!!」
って言ってたんだけど
これってちょっと思わせ振りです

 

「自分 加茂家の人間しか使えない赤血操術の事
割と知ってますよ」
みたいな勿体ぶった言い方ですよね

 

直哉が赤血操術の事に詳しいのって
御三家仲間だから じゃなくて
裏梅から聞かされていた からだとしたら

 

「脹相という術師の血液は毒だから気を付けろ」
そんなやり取りがあった
って可能性も出てくると思います

 

裏梅が 虎杖VS脹相戦を見てなければ
「超新星」を“知らなかった”って理由も通ります

 

裏梅にとって脹相は邪魔な存在だし
さっさと消したかったので
直哉に協力するフリをして 近づいて

 

「赤血操術に関するデータ」と
「脹相という術師の血液は毒だから気を付けろ」

 

って情報を与えたのかも知れません

<まとめ>

では最後に142話のまとめを駆け足で紹介します

 

1 「超新星」は脹相オリジナルの技だった

 

2 乙骨が脹相を一瞬で倒してしまった

 

3 狗巻も真希も反転術式で治さなかった乙骨が
何故か直哉のケガを治そうとしてる…?

 

4 虎杖の扱いが酷い もっと優しくしてあげて

はい!いかがでしたか

 

141話の感想考察動画に
ナイスなコメントを頂いたので
(コメントありがとう!)
短くまとめて紹介します

 

「かごめかごめは 影を使う遊びの歌でもあるので
伏黒レーダーの可能性を信じたいです」

 

「心臓を刺されて宿儺登場→
登場したら残りの指の在り処が判明→
リカちゃんか直哉辺りが持ってるかも?→
その後 伏黒レーダー発動」

 

リカちゃんが宿儺の指を飲み込んでる
その可能性があるかも?との事です

 

…なんてこった…
ツッコミ所が何もないパーフェクトな考察です

 

もうちょっと思考回路が弾けても良いんですよ?

 

「弾けても良いなら言わせてもらうけど
あの不自然の目の下のクマが怪しいから
乙骨も宿儺の指を取り込んでる可能性があるかも」

 

と一言だけでもいいので
コメントしていただけると嬉しいです!

呪術廻戦を無料で読む方法!

 

以上、呪術廻戦【第142話】のネタバレを紹介しましたが、漫画はやはり絵付きで読んだ方が面白いし理解も深いですよね。

 

U-NEXTは31日間の無料期間があって、さらに無料登録するとすぐにもらえるポイントが600ポイントもらえるのですぐに好きな最新刊を1冊無料で読むことができます!

 

『呪術廻戦』を漫画で読みたいあなたは、この機会にぜひチェックしてみてください!

\無料期間中の解約で違約金は一切なし!/
  U-NEXT公式サイト    
//完全無料で使えます!\

【あなたにオススメ◎】

あわせて読みたい
漫画無料読み放題アプリのおすすめ21サービス徹底比較【2020最新】 いつでもどこでもマンガを楽しめるアプリは、利用者の増加に伴いサービスも急増しています。 その数なんと100以上!   お金を出してマンガ雑誌を買って、単行本化...

 

※本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況は各VOD公式サイトにてご確認ください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる