【プロメア】のネタバレあらすじ&感想考察!(劇場版)


2019年5月に放映されたアニメ映画

・『プロメア(アニメ映画)』

のネタバレ感想や考察をまとめています!

 

これから『プロメア(アニメ映画)』のネタバレを含む内容をご紹介いたします。

もし文章でのネタバレではなく動画でアニメを観たい!ということであればU-NEXTで今すぐに『プロメア(アニメ映画)』を視聴できますよ!

 

※時期によっては配信が終了している場合があります。

目次

プロメア(アニメ映画)のネタバレ!

【バーニッシュ誕生!】

ある日世界各国で火を操る『バーニッシュ』が同時多発的に誕生しました。

バーニッシュ達は世界各地で徒党を組んでは反乱を起こし、人類に対して敵対意識を持ち始めたのです。

バーニッシュと人類の争いは激化し、全世界の大半を焼き尽くす惨事、『世界大炎上』にまで発展してしまいました。

 

それから30年経ち、一部の過激なバーニッシュは『マッドバーニッシュ』を名乗り、火災を引き起こしていました。

そのマッドバーニッシュ弾圧のために立ち上がったのが、高機動救命消防隊、『バーニングレスキュー』だったのです。

 

自治共和国プロメポリスでマッドバーニッシュによる火災テロが発生、高機動救命消防隊、バーニングレスキューに出動要請が出ます。

 

【バーニングレスキュー出動!】

火災現場はフォーサイト研究所ビルで、出動要請のあったバーニングレスキューは直ちに原着次第、救命活動を開始しました。

しかし、屋上に取り残された人々を見つけた隊員のアイナは応援を要請、現れたのは新人隊員のガロでした。

二人の活躍で屋上の要救助者を救助しますが、そこへ突如マッドバーニッシュの三人が姿を現すのでした。

 

隊長のイグニスはガロに手を出さないよう、釘を刺しますが血気盛んなガロは聞く耳を持ちません。

ガロはマッドバーニッシュの猛攻を前に窮地に立たされるますが、ガロの操る、「マトイデッカー」とバーニングレスキュー隊員の協力により、マッドバーニッシュの三人を拘束することに成功します。

 

マッドバーニッシュのリーダーは『リオ』と名乗り、ガロと変わらぬ少年だったのでした。

その後、現場に現れた警察兼軍部組織、「フリーズフォース」によりリオたち三人は連行されるのですが、連行された先で収監されたバーニッシュは子供や老人、ケガ人ですらまともな扱いがされていませんでした。

 

【リオの脱走】

ガロは仲間たちと共にカフェに出かけるのでしたが、その時、カフェにフリーズフォースが突如現れます。

 

狙いはバーニッシュだった店員で、彼を強引に連行しようとしました。

止めようとしたガロにヴァルカンはテロに関与していないか調査のためだと強引な理由で連行していきます。

フリーズフォースが去った後、他の客たちはバーニッシュが作った料理など食えるかと店を立ち去っていきました。

 

罪のないバーニッシュまでもが不当に差別され、強制的に連行される現状に納得のいかないガロは、一人バイクに乗って走り去って行きました。

その頃、リオは施設から脱走、他のバーニッシュたちを解放して逃走してしまったのです。

 

ガロを心配し、追ってきたアイナは、人里離れた山奥に来ていたガロを見つけました。

その時、ガロはバーニッシュの姿を目撃、アイナに本部への応援を求めると単身でバーニッシュの後を追いました。

ガロは入り込んだ洞窟でリオが逃がしたバーニッシュを発見しますが、その直後に何者かに殴られて気絶させられました。

 

気絶から目を覚ましたガロの前にリオが現れました。

瀕死のバーニッシュが絶命と共に燃え尽きて灰になる様を目撃したガロはバーニッシュも炎を出すことをやめれば普通の人と同じように暮らせると諭しますが、リオはフォーサイト財団が裏でバーニッシュを拉致しては違法な人体実験をしていると証言しました。

 

リオは驚きを隠せないガロに

「バーニッシュは人を殺さないことを誇りにしている」

と言い残し、他のバーニッシュたちと共に立ち去りました。

 

その後、ガロは駆け付けたアイナに救出されました。

 

【バーニッシュの人体実験】

翌日、ガロはクレイの元に向かい、勲章を返上し、バーニッシュの人体実験をしているのか問いました。

するとクレイはガロを施設の地下に連れて行き、バーニッシュが出現した30年前からマグマの活動が活発化しており、このままでは地球は半年後に死の惑星と化すことを説明します。

 

クレイは4光年先にある惑星オメガ・ケンタウリへ1万人の乗船が可能な巨大宇宙船『パルナスサス号』で人類を移住させる『パルナスサス計画』を進めていると驚愕の説明をします。

そして、ガロを先日逮捕されたバーニッシュの人体実験の場に引き合わせました。

 

実験にはアイナの姉エリスも参加しており、クレイはバーニッシュの能力を使って人や物体を遠くに移転することのできるワープエンジンの開発を推し進めていました。

ガロはマグマを消火すべきだと主張しましたが、クレイに拘束されてしまいます。

 

その頃、フリーズフォースはバーニッシュの内通者の情報をもとにリオたちが隠れ住む集落を襲撃、立ち向かったリオは新兵器の連鎖型絶対凍結弾によって氷漬けにされてしまいます。

内通者もフリーズフォースに連行され、リオも連行されそうになりますが、ゲーラとメイスが体を張ってリオを逃がしました。

クレイは捕らえたバーニッシュたちを研究所に連れて行き、装置にかけてワープエンジンを起動、遂にパルナスサス計画を始動させました。

 

1週間後、拘束されていたガロは食事を与えに来たエリスに

「アイナに恥じない事をやっているか?」

と問いかけました。

 

ガロはエリスの手引きで施設から脱出、バーニングレスキューの仲間たちと合流しました。

その頃、マグマ付近に来ていたリオは仲間を奪われた怒りから凍結弾をも溶かす強烈な炎を生み出し、炎の龍となってクレイを倒すべく市街地で暴れ始めました。

 

仲間たちと共に駆け付けたガロはアイナと共にクレイを殺そうとしていたリオを見つけ、

「バーニッシュは人を殺さないという誇りを忘れたのか!」

と説得しました。

 

リオはようやく我に返りますが、事情を飲み込めないアイナが

「頭を冷やせ」

とガロとリオを凍った湖に突き落としました。

リオの炎で湖の氷は蒸発、湖底からは何と巨大な研究所が出現しました。

 

一方、クレイは選別した市民をパルナスサス号に乗せ、ワープエンジンにより上空に開いたワープ・ゲートに向かわせていました。

 

ガロ、リオ、アイナはバーニッシュ研究の第一人者デウス・プロメス博士の人格をコピーした『AIプロメス』によって研究所内に案内されました。

行方不明になっていたプロメス本人はクレイの手によって殺害されており、プロメスの開発した瞬間凍結剤や耐熱服などの技術を盗んだクレイはそれによって得た財力で現在の地位に上り詰めていたのです。

 

プロメスはクレイの計画ではすぐに地球は壊滅すると語り、地球の核とは繋がっている存在であるバーニッシュに苦痛を強いることで地球のマグマが暴走してしまうと説明しました。

 

今から30年前、時空に突如断層が出来て異次元の世界と繋がり、地球の核はそこから現れた多次元生命体“プロメア”と融合、プロメアに強く反応を示した人々がバーニッシュに進化したのです。

プロメスは驚くガロ・リオ・アイナにプロメアの力を動力源とするロボット『デウス・エックス・マキナ』を与え、クレイを止めるよう頼みました。

 

しかし、ガロはデウス・エックス・マキナの容姿が気に入らず、一計を案じたリオは自らの炎で作った鎧をまとわせて『リオデガロン』に進化させました。

 

【クレイとの決戦!】

ガロとリオはリオデガロンでパルナスサス号を止めようとする一方、アイナはエリスやパルナスサス号乗員にクレイがプロメスを殺した証拠を突き付けましたが、クレイは捏造だと否定しました。

 

クレイは自らロボット『クレイザーX』に乗り込んでリオデガロンと対決しましが、エリスは密かにパルナスサス号のエンジンを破壊、パルナスサス号は墜落しました。

エリスはクレイの命を受けたヴァルカンに追われますが、駆け付けたアイナやバーニングレスキューに助けられました。

 

ロボットから降りたガロとリオはクレイと対決しますが、実はクレイの正体はバーニッシュであり、リオよりも強大な力を有していました。

クレイはパルナスサス号のエンジンを再起動させるべくリオを拘束、止めようとしたガロに炎を浴びせて突き落としました。

 

仲間たちやあらかじめリオが放っていた炎に助けられたガロはマトイデッカーに乗ってリオを助けに向かいましたが、クレイは既にリオの力を使ってエンジンの再起動に成功していました。

バーニッシュの莫大なエネルギーにもがき苦しむリオは、そこでプロメアの意思を垣間見ました。

 

ガロはエンジンの破壊に成功しますが、激昂したクレイはマトイデッカーに炎を浴びせて破壊しました。

ガロはリオの炎に守られながらクレイに近づき、驚くクレイを殴り飛ばしました。

ガロは死にかけていたリオに自分を守ってくれた炎を返し、リオはたちまち回復しました。

 

ところが、バーニッシュたちの苦痛を受けた地球のマグマは暴走を開始しており、ガロは消せるだけ消すと意気込みますが、リオは逆に燃やせばいいと提案しました。

 

リオは、完全燃焼させればプロメアを満足させられると言い、ガロの燃やして救うという精神とリオの全て燃やし尽くすという衝動を合わせてデウス・エックス・マキナで全世界に伝播させるれば地球を救えると告げました。

 

デウス・エックス・マキナに乗り込んだガロとリオは他のバーニッシュたちの力も借り、ガロデリオンへと進化し、炎を世界中に広げて全てを燃やし尽くしました。

満足したプロメアは元の次元に帰って行き、ガロは次元の割れ目を塞ぎました。

 

こうして全てのバーニッシュは力を失い、元の人間に戻っていきました。

 

ガロは

「俺は宇宙一の火消しバカだ」

と豪語し、仲間たちと共に火事の後始末へと駆け出していきました。

 

『プロメア(アニメ映画)』の最新話も!U-NEXTで今すぐ無料でみる!

『プロメア(アニメ映画)』はU-NEXTを使えば今すぐ無料で観ることができます。

 

プロメア(アニメ映画)の感想・考察!

【豪華声優陣の起用!】

声優陣には沢山の豪華な俳優陣が起用されているのが話題の作品となっています。

主人公のガロには松山ケンイチさん、バーニッシュのリオには早乙女太一さんなどの若手俳優が抜擢されており、他にもクレイには堺雅人さんや、デウス・プロメス博士には古田新太さんなどのベテラン俳優陣も参戦しています。

 

中でも面白かったのが国家救命消防局の本部に住み着いているネズミであり、バーニングレスキューのマスコット的存在であるビニーには、お笑い芸人のケンドーコバヤシさんが起用されていたのでした。

これは誰の声かな?と当てながら観るのもまた違った楽しみ方ができるかもしれません。

 

【独特のアニメーション感に好き嫌いがきっぱり!?】

始めのアイメーションを観て正直余り物語が入って来ない・・・と感じてしまいました。

それも独特のアニメーション感からでしょうか。

 

ですが、物語が進むにつれて次第に慣れてきたのか、単純に物語の面白さにのめり込んでいったのです。

ですが、このアニメーションは好き嫌いがきっぱりと別れてしまうかもしれません。

 

若干アメコミ的な要素も感じられる雰囲気が、苦手な人には中々入って来ないかもしれませんね。

 

ですが私としては、少し騙されたと思って、苦手なアニメーションでも見続けてほしいです。

そうすると、物語の面白さが勝ち、どんどんはまっていきます。

食わず嫌い的な要素を打破してくれるアニメになってくれるかもしれませんよ!

 

まとめ

以上、『プロメア(アニメ映画)』のネタバレ・感想を紹介しました。

 

アニメは音声付きでBGMも聞けるしアニメーションならではの面白みがあります。

無料でアニメ視聴できる方法や最新アニメについて他にもたくさんまとめているのでぜひご覧になってください!

あわせて読みたい
【プロメア】 無料フル動画の視聴方法を徹底解説!(アニメ映画) \プロメア(映画)を見るならココ!/ 配信サービス 配信状況 お得なポイント U-NEXT ◯ レンタル 600ptプレゼント✨ [center][btn href="https://ad.presco.asia/c...

 

 

※本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は各VOD公式サイトにてご確認ください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる